テレビと自転車を壁面収納ですっきり!【ハーフリフォーム】

マンションの壁を板張りにして、壁面収納に。また、板壁の塗装をお客様ご自身でやるという事でハーフリフォームです。

壁の造作は当店が、塗装はお客様が担当しました。

ご夫婦共々、テレワークになり、快適な室内にしようと、そして出来る事は自分達でDIYしようと、なったようです。

今回のリフォームのお悩み

リビングの壁一面を板壁にリフォームしたいというご要望でした。

  • TVを壁掛けにしたい
  • 自転車を既存通り壁掛け収納にしたい
  • 折角なら壁に収納をたくさんしたい
  • アクセントクロス等ではなく板壁にしたい。

このようなお悩みを解決するため、次のご提案をしました。

リフォームのご提案内容

3Dパースでご提案

お客様のイメージしている空間に近づけるため、貼るための板をどのような物にするかしっかりと打ち合わせしながら行いました。

そこで最終的には1×8を千鳥張りする事になりました。

  • 1×8は、約19mm×184mmの木材のことです。
  • 千鳥張りとは、つなぎ目を揃えず交互にした張り方のことです。

さらにTV下収納やニッチ(壁の一部をくぼませた部分)等はお客様のこだわりを活かし、無垢材を使用致しました。

3DCGとは

家具の配置やカラーコーディネート等、間取り図だけではイメージがわかないという施主様が多いなか、その声にお答えして、当社では3DCG(アーキトレンドZ)のパースを用いてご説明いたします。

→3DCGについてはこちら

ハーフリフォームのご提案

出来る事は自分達でDIYしたいということで「ハーフリフォーム」でした。

ハーフリフォームとは

設備工事や木工工事等をプロが、クロス貼りや塗装等をお客さまがDIYするリフォームです。DIYについてはエル・リフォームが運営しております「DIYスタジオ・エル」がアドバイスをさせて頂きます。

DIYスタジオ・エル
DIYスタジオ・エル

蕨市にてDIYにチャレンジしたい女性専用のDIYスタジオを運営しています。スタッフは全員女性!広々店内で、道具もすべて揃っています。初心者の方でもチャレンジできるワークショップも行っています。

DIYスタジオ・エルへ

リフォーム工事の様子

リフォームが完成しました!

梁に面をそろえた状態で木材を貼りました。そうする事で壁の凹凸(おうとつ)感がなくなり木材を貼っても壁が整った印象になったかと思います。

リフォームを終えて

お部屋全体をリフォームするのではなく、リビングの壁を一面リフォームするだけで大きくお部屋の雰囲気が変わりました。

リモートワークが増加する世の中では、お家の滞在時間も増えるため、少しお部屋の印象を変化させたい方などにぴったりな施工かと思います。

リフォームのご感想をいただきました!

「大変な部分もありましたが、仕上がりには満足しています。」との声をいただいています。
詳細はこちらの記事をご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA