キッチン収納撤去工事

中古マンションを購入し引っ越してこられたお施主様.

引っ越す前にキッチンで使っていたキッチンボードが、作り付けのキッチン収納があるためにキッチンに置けない!とのことでリビングに置いて使っておられましたが、それだとやはり不便だし場所も取る!ということで、作り付けのキッチン収納を撤去し、使い慣れたキッチンボードを置くスペースを作りました。

befor

この床から天井まである、開き戸の収納が今回撤去した収納です。

①既存のキッチン収納を解体・撤去

まず既存のキッチン収納を解体・撤去するところから始めます。解体してみると壁の材料として使われているボード(不燃材)が二重貼りということがわかりました。これはトイレがキッチンに隣り合っているため防音のためと考えられます。このように解体をしてみて初めて分かることもあるため、その状況に応じて対応しながら工事を進めていきます。

②壁・天井の補修とフローリングのカット

作り付けの収納の下はお部屋の他の部分のようにフローリングが敷かれていないことが意外と多いのですが、今回もそのケースでした。お施主様から床にフロアタイルを使いたい!というご希望があったため収納を撤去した部分からお施主様から床にフロアタイルを使いたい!というご希望があったため収納を撤去した部分からまた、既存の収納は天井から床まであるタイプだったため、解体の際に少し天井や壁も壊れたり傷ついたりします。その部分の補修もしっかり行います。

③床の補修

お施主様ご希望のフロアタイルは厚さ2.5mm。フローリングは12mm。約10mmの差があるため、フロアタイルを貼った後にフローリングの床とできるだけフラットに約10mmの差があるため、フロアタイルを貼った後にフローリングの床とできるだけフラットに仕上がり、今後の使いやすさ、お掃除のしやすさなどを考え、見切り材を入れました。

ちなみに見切り材にはたくさんの色やテイストがありますのでお家やお好みにぴったりのものがきっと見つかりますよ!

④フロアタイル・クロス施工

既存のクロスを一度剥がし、クロスの貼り替え、フロアタイルの施工を行いました。施工現場だけでなくつながっている天井や壁のクロスも貼り替えお部屋が明るくなりました。見切り材・クロス・タイルすべてお客様が時間をかけてお気に入りを選ばれました。

⑤キッチンボードを設置して完成!

キッチンボードの移動はとても重く大変とのことで引っ越し業者さんが行ってくれました。キッチンボードがぴったり設置できてとっても快適!とご連絡をいただき写真を撮らせていただきました。

毎日忙しく家事をこなす主婦の方にとって、少しでも便利に、また負担なく楽しく家事を行えるスペース作りにご協力できて、お喜び頂けたことがとても嬉しかったです。このようにここがこうだったらいいのに・・・というお悩みのある方はぜひご相談ください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA