安心で安全なお住まいへ
エル・リフォームの耐震診断

 

リフォーム工事をするなら、耐震補強を検討して下さい

このような木造住宅は、耐震診断をお勧めします。

  • 建築したのが、昭和56年(1981年)5月以前である
  • 建物の平面が長方形ではなく、変形している
  • 窓が多い
  • 以前、増築をしたことがある
  • 以前、リフォームをして2室を1室にした
  • 以前、リフォームして窓や出入り口を増やした
  • 瓦など比較的重い屋根葺き材である
  • これから間取りの変更や内装のリフォームを検討している

 

当社の耐震診断のながれ

使用ソフトウェア:東京デンコー 安心精密2004
参考:財団法人 日本建築防災協会

 

Step1:診断が必要かを検討します

監修:国土交通省住宅局
編集:(財)日本建築防災協会編集
「誰でもできるわが家の耐震診断」を使用し、より専門的な診断が必要かを検討します。

Step2:一般診断

  1. 現地にて、基礎・外壁・内壁・屋根等の劣化状況を確認し、保有耐力(現状の建物が持っている力)を算出します。
  2. 地盤・床面積・建物の形状等から必要耐力を算出します。
  3. 保有耐力と必要耐力の比較により建物の安全性を診断します。

Step3:精密診断

※一般診断で補強の必要ありと判定された場合に行います

一般診断より詳しい検討をします。(剛性率・偏心率の検討)

Step4:補強プランの提示

予算と生活状況を考慮した案を提示します。
補強工事は床・壁・天井を一部剥がして行う事が多いので、内装リフォームと同時に行うと効率的です。

Step5:耐震改修工事の御見積り

予算に応じて、プランの調整をします。

Step6:耐震改修工事

補強箇所と補強方法を写真で記録します。

Step7:改修工事後の耐震診断の計算書を提示します。

 

 

まずは無料相談から、お気軽にお問い合わせください。03-3968-4118受付時間 8:30-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ