板橋区N邸 (浴室リフォーム) 施主:60代女性

ご両親から引き継いだ家を少しずつリフォームしていらっしゃいます。60才までは仕事があり、家の改修の事をじっくり考える余裕が無かったので、定年を迎えてからリフォームの勉強会等に参加して知識を深めていらっしゃいました。

 

要 望

鉄骨造にありがちな、柱型がある変形した浴室だったので、規格品のユニットバスを入れる事が出来ませんでした。在来工法で、いかに快適でバリアフリーな浴室を実現するかが課題でした。

 

ポイント

床材はサーモタイルといって断熱性があり、足が触れた時にヒヤッとしない物としました。壁はお手入れが簡単なバスカベ。入口にはグレーチングを付けてバリアフリーとしました。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA