マンションのリノベーション★100㎡超の広々とした間取り

100㎡超の広々とした室内は、羨ましい限りなのですが、生活動線を考えると使いにくい部分がありました。独立型のキッチンや洗面所やトイレの出入りの部分です。今回はポイントをしぼった間取りの変更と、老朽化に伴う床板の補修や給水管・給湯管の交換を行いました。

before

after

before

リビングとの間に壁がある、独立型のキッチン。

リビング側からキッチン方向の写真。

同じくリビング側からキッチン方向の写真ですが、上の写真は向かって右側、こちらは向かって左側です。

after

リビング側から向かって右側の写真。オープンキッチンとなり、キッチンにもベランダからの明るい日差しが入ります。

向かって左の写真。左側のドアはLDKの入口です。スペースは十分にあるので、カウンター等でキッチンスペースとダイニング・リビングスペースを仕切って使えると思います。

before

広いので、かえって寒々しい印象だった玄関。

内装の雰囲気が年代を感じさせます。古びた印象はいなめません。

after

玄関の床面は暖色系で明るい雰囲気に。床面とドアの色のコントラストで、ガランとした印象を解消。

見えない部分の工事となりますが、給水管・給湯管の交換をしました。20年以上たったマンションの場合は、必要となります。

やはり、20年ぐらい経つと、床がフカフカしてくる事が多いです。床板の老朽化です。今回は既存の床板の上にベニアで補強しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA