UB・洗面化粧台交換工事

古くなったUBと洗面化粧台の交換工事の現場です。お風呂や洗面化粧台が壊れていたり使いにくい箇所があるわけではないけれど古い!というお宅もたくさんあるのではないでしょうか。

今回は思い切ってお風呂も洗面化粧台も壊れる前に交換してとてもスッキリ快適になった現場のご紹介です。UBなど水回りのリフォームに迷ってる方必見です!

befor

①既存の解体

まずは既存のUBと洗面化粧台の解体です。今回のお宅は換気扇は数年前に壊れて一度取り換えたとのことで、換気扇以外を解体し撤去しました。このように部分的に修理されたりしているお風呂でも修理したところはそのままでそれ以外を交換するということも可能な場合があります。是非ご相談ください。

 

befor

②配管工事・壁厚調整工事

新しいUBに合わせて配管の勾配などを考えつつ配管作業を行います。また、今回は既存の壁のままだと新規のお風呂より3cmスペースが狭いということで、壁の厚さを調整し、3cm以上スペースを広げる工事をしました。

 

垂木(壁の骨組みとなる格子状になっている角材)を既存のものより細いもので組みなおし、新規のUBの入るスペースを確保しました。

③UB組立

UB設置業者による新規UBの組立。コーキング材がしっかり乾けば入浴が可能です。解体・配管工事・UB組立日の3日間は入浴が不可となりますが、(この現場は壁厚調整工事が必要であったため4日間)その後は完工まで待たずに新しいお風呂で入浴可能となります。

 

 

④ドア枠の設置、壁補修

UB入口ドア周りの補修、枠の設置を行います。

⑤クロス、CFの貼替

クロス(壁紙)とCF(床材:クッションフロアー)を貼り替えます。お客様はさわやかなアジサイ柄のクロスとレトロモダンなタイル柄のCFをお選びになりました。お風呂も内装もきれいになり、とてもお喜び頂きました。

before 洗面化粧台

お風呂と合わせて洗面化粧台も交換することになりました。脱衣所が洗面所も兼ねているお宅は多いのではないでしょうか。既存の洗面化粧台はUBと同じく壊れているわけではありませんが、古くなっており、UBの交換のため内装もきれいになるので一緒に交換することになりました。

after

洗面化粧台もいろいろなタイプがあるので、ショールームでお選びいただきました。既存の洗面化粧台が使い慣れているとのことで、鏡や棚の形状が似ていて同じように使えるものをお選びになりました。

UBのアクセントパネルと洗面化粧台の開き戸のデザインを合わせることによって統一感が出ました。

感謝の気持ちを込めてプレゼント

洗面台と壁の間に60mmに満たない隙間がありました。デッドスペースにしておくのは持ったいない・・・では何をどう置くか!?難しいスペースでした。当店はDIYスタジオを運営しており、プロの行うリフォームだけでなくDIYの観点からもご提案しております。今回はお施主様に感謝の気持ちを込めて洗剤などの詰め替え用や歯ブラシのストックを気軽にしまえるような棚をプレゼントしました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA